読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病気の豆知識

病気の医学的一般知識について書いていきます。

自律神経とは…。

心臓疾患の中でも、動脈硬化が原因と目される虚血性心疾患は、だ
んだんと多くなってきているようで、そのひとつである急性心筋梗
塞は、5人に1人の患者さんが死亡しているらしいです。
痒みは皮膚の炎症が元ででますが、精神面も関係していることがわ
かっており、不安になったり冷静になれないことがあったりすると
痒みが激化し、掻いてしまうと、なお一層痒みが激しくなると言わ
れます。
突然に足の親指のような関節が腫脹して、とんでもない痛みに襲わ
れる痛風は、男性が罹りやすい病気だそうです。発作が生じますと
、容易には歩くことも不可能なほどの痛みが続いてしまいます。
激しい運動をした時に、筋肉に痛みが生まれるという身体的特徴が
、筋肉痛と言われます。ひどい場合は、運動はもとより、歩くこと
さえ回避したいくらいの痛みが出ることがあります。
脳卒中になった時は、治療が終了した直後のリハビリが欠かせませ
ん。いくらかでも早くリハビリにかかることが、脳卒中に罹患した
後の回復に大きく関与します。

ウイルスから見ますと、冬季はもってこいの時。感染する力がアッ
プするのは言うまでもなく、空気中の湿度が低下すると、ウイルス
にあった水分までもがなくなって比重が減少しますから、空気中に
浮遊することも容易になり、感染してしまう人が多くなるわけです

アルコールの摂り過ぎが要因の肝障害は、急速に発症するものでは
ないそうです。そうは言っても、ず~と多量のアルコールを摂取し
続けていると、その量に従って、肝臓には悪影響がもたらされます

自律神経とは、あなたの考えに縛られることなく、自ずと体全部の
機能を一定にキープする神経で、「自律神経失調症」と言われます
のは、その機能が悪くなる病気だというわけです。
糖尿病のために高血糖体質が治らないという方は、少しでも早く実
効性のある血糖コントロールを実行することが必要です。血糖値が
問題のない数値になれば、糖も尿から検出されなくなります。
からだを動かす習慣もなく、どうしても食べ過ぎてしまい、コレス
テロールの多い品が一番好きという人、糖分や脂肪分に富んだ高カ
ロリーな食事を好んで食べる人は、脂質異常症に罹患してしまうと
考えられます。

ご高齢の方から見た場合に、骨折が致命傷と指摘されるわけという
のは、骨折したことにより筋肉を動かさない日々がもたらされるこ
とで、筋力の低下がおき、歩けない状態を余儀なくされてしまう可
能性が大だからです。
骨粗しょう症とは、骨を強靭にする時に肝要な栄養分であるビタミ
ンD・カルシウムもしくはタンパク質などが充足されていないこと
や、飲酒喫煙や日光浴不足などが誘因となり発生する病気だそうで
す。
笑顔で過ごしていると副交感神経の機能が亢進し、ストレスホルモ
ンの分泌量が少なくなるので、脳の温度が下落します。それとは反
対に、ストレスが溜まると交感神経の作用が強くなり、脳の温度が
アップすると公表されています。
睡眠障害というと、睡眠関係の病気全部を幅広く指し示す言葉で、
夜中の睡眠が損なわれるもの、仕事中に瞼が重くなるものも入りま
す。
肥満ないしは高血圧など、問題視されている「生活習慣病」は、若
い時からしっかりとケアしていても、残念ながら加齢に影響されて
罹ってしまうことだって相当あるようです。