読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病気の豆知識

病気の医学的一般知識について書いていきます。

心筋梗塞は早朝に生じることが稀ではないので…。

心筋梗塞は早朝に生じることが稀ではないので、目覚めましたら、
何を差し置いてもコップ1杯位の水をお腹に入れることを日課にし
て、「寝ている時間に濃度が上昇している血液を希薄化する」こと
が良いと考えられています。
ウイルスにとりましては、冬期間は格別な環境状態。感染するのが
容易いのみならず、空気中の湿度が下落すると、ウイルスの水分も
抜けていくことで比重が軽減されるため、空気中に浮遊することが
増え、感染してしまう人が多くなるわけです。
区別がつかない咳であろうとも、眠っている時に何度も咳をする人
、運動したと思ったら突如咳き込んでしまう人、気温の下がってい
る場所で咳が出て困るという人は、重篤な病気も疑ってください。

笑うことによって副交感神経の働きが優位になり、ストレスホルモ
ンの分泌量が少なくなるので、脳の温度が落ちるのです。反対に、
ストレスを受けますと交感神経の作用が一段と強まって、脳の温度
が上がるとのことです。
胸痛でのたうちまわっている人がいた時に不可欠なことは、フット
ワークの良い行動だと思われます。直ぐに救急車のために119に
電話をし、AEDが周囲にあれば心肺蘇生法をするようにして下さ
い。

高血圧ですよと言われようとも、自覚症状が見られることはまずあ
りません。だとしても、高血圧状態が保持されてしまいますと、影
響が及ぶ血管とか臓器には、想像以上の合併症が齎されます。
強引に下痢を食い止めると、ボディー内部にウイルスないしは細菌
が残存し、更に悪化したり長期に亘ったりするのと同様で、原則と
して、咳が出ても止めようとしない方が良いと聞いています。
立ちくらみと言ったら、最悪、気を失ってしまうこともある危ない
症状だと言えます。何回も見られるという場合は、重い病気に陥っ
ている可能性もあるので病院に行くべきです。
自律神経とは、当人の思いに縛られることなく、自ずと体全部の働
きを一定に持続する神経で、「自律神経失調症」と診断された場合
は、その働きが劣悪化する疾病だというわけです。
「おくすり手帳」については、その人その人がクスリの履歴を確認
できるように管理するために提供される一種の「カルテ」だと考え
られます。医療用医薬品は当たり前として、日頃利用している一般
用医薬品の名称と、その服用履歴などを記入するわけです。

薬品については、病気で痛む所を鎮静したり、その原因を取り去る
ことで、自然治癒力の力となるわけです。これ以外には、病気の予
防などに活用されることもあると言われています。
筋肉が過緊張を起こしたり頭部の血管が拡張することがあると、頭
痛に繋がることが多いですね。それから身体の健全性、暮らしの状
況なども元になって頭痛に繋がります。
風邪に罹った時に、栄養価の高いものを食し、布団に入り休養しま
すと恢復した、という経験はないですか?これにつきましては、人
の身体が元来備えられている「自然治癒力」のお蔭です
ガンという病気については、人間の身体のあらゆる場所に誕生する
可能性があると考えられます。大腸・肺・胃などの内臓は勿論の事
、血液とか皮膚などに生じるガンも見られます。
がむしゃらになってリハビリをやったとしても、脳卒中の後遺症が
消えないことも想定されます。後遺症として見ることが多いのは、
発語障害であったり半身麻痺などです。