読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病気の豆知識

病気の医学的一般知識について書いていきます。

従前は成人病とも命名されていた糖尿病ないしは高血圧などの既往症があったりすると…。

心臓疾患の中におきまして、動脈硬化のせいで発症する虚血性心疾
患は、確実に増加しており、その代表的存在の急性心筋梗塞は、約
20%の患者さんが亡くなっています。
今日では医学も進歩して、数多くある病気についても、研究がなさ
れているわけです。ただし、現在でも元気にならない患者さんが大
勢見られますし、治すに治せない疾病がかなりあるというのも事実
なのです。
ストレスに弱い人は、いわゆる「ストレス病」に陥りやすくなると
発表されています。毎日の生活をアレンジしたり、価値判断を変え
るなどして、可能ならば意識的にストレス解消に頑張ってみてくだ
さい。
発見が遅れれば遅れるほど、死亡の危険性がアップしてしまう肺が
んのメインの危険要因はタバコで、喫煙する人が肺がんに罹患する
率は、タバコを手にしない人と対比して、少なくとも5倍以上と公
表されているそうです。
女性ホルモンと言うのは、骨密度を維持しようとする働きがあるそ
うで、女性ホルモンの分泌が減少し出す60歳前に骨粗しょう症
なることが多いとされているようです。

肺や心臓などにヤバイ異常がないような時でも、胸痛が生じること
もあって、胸痛は問題だという想いから、より症状が強く表れるこ
とがあると言われました。
糖尿病と申しますと、インスリンがほとんど生成されない「1型糖
尿病」もあるのです。この病は自己免疫疾患だと想定されており、
遺伝がダイレクトに影響していると考えられています。
脳卒中になった場合は、治療完了後のリハビリが何よりも大切です
。いくらかでも早い段階でリハビリを開始することが、脳卒中にな
った後の恢復に大きく影響を与えるのです。
従前は成人病とも命名されていた糖尿病ないしは高血圧などの既往
症があったりすると、その事が元凶となり脳卒中に罹患してしまう
こともあると聞いています。我々の25%と推定される肥満もその
傾向にあります。
がむしゃらになってリハビリに取り組んでも、脳卒中の後遺症が残
ることもあるわけです。後遺症として残ることが多いのは、発語障
害又は半身麻痺などだということです。

自律神経とは、当事者の考えに影響されることなく、自然に体全部
の働きを一定に制御する神経で、「自律神経失調症」と宣告された
場合は、その働きが低下する病気なのです。
糖尿病だと指摘できる数値にはないが、正常値の範囲にもない血糖
値にあることを境界型と称します。境界型は糖尿病だと診断されま
せんが、今後糖尿病と化してしまうリスクがある状態であるという
ことです。
それぞれに相応しい薬を、専門医が必要な数量と期間を考えて処方
してくれるのです。自分勝手に、量を減少させたり止めたりするよ
うなことはしないで、言われた通りに飲むことが必須です。
何ら変わりのない咳であったとしても、眠っている時にとめどなく
咳が出ている人、運動をし終わった後に突如激しい咳に襲われる人
、戸外の気温が低いところで咳がしきりに出て苦しいという方は、
命にも影響する病気の可能性があります。
対象物が歪曲して見えてしまう白内障であったり加齢黄斑変性など
、大方年齢の積み重ねが原因になる目の病気はいろいろ見られます
が、女性の人によく発症するのが甲状腺眼症だと指摘されます。